琉球少林流空手道 月心会  西東京本部

浜田山支部・永福町支部・つつじヶ丘支部・苅田支部



 薩摩藩/島津に武器を取り上げられた沖縄の人々は、自分の身を護るために密かに手足を鍛え、護身の術として生まれたのが空手です。空手の型は、すべて受けから始まっており、「空手は人を倒すものではなく、己を見つめ、己を正し、己を磨くものである」ことがわかります。東洋の古人達が血と汗で築き上げた神秘な空手の技と心を学んでみませんか。

 初歩より責任をもって指導しております。ご入会をお待ちしております。

<指導者> 月心会 西東京本部・本部長 市川 靖夫





■目的・・・
1.青少年の不良化防止と武道(空手道)を通じての心身鍛練により青少年の健全なる育成を目指す
2.親子、兄弟がともに武道(空手道)を通じて汗を流し、お互いの語らいの場を持ち、人間形成を目指す

■参加資格・・満3歳以上の男女

■クラス・・・幼児の部、少年少女の部、親子の部、一般男女の部

■活動人数・・・約50名

■主な活動場所/日時

 <浜田山支部>

  浜田山会館 (杉並区浜田山1-36-3) 

  浜田山小学校 視聴覚室 (杉並区浜田山4-23-1)


    毎月 第1、2、3日曜日 10:00〜12:30
                  (浜田山会館 使用時 すべての級・段共通)
                 9:00〜12:00
                  (浜田山小学校視聴覚室 使用時
                    白帯〜7級9:00〜10:30 / 6級以上10:30〜12:00)
       第1、2、3木曜日 18:30〜20:30


 <永福町支部>

  ・ゆうゆう永福館(杉並区永福2-4-9)

    毎月 第1、2、3土曜日 18:00〜20:00


 <つつじヶ丘支部>

  ・メイングリーンレンタルホール (東京都調布市菊野台2-4-5)
 
    毎月 第1、2、3日曜日 15:30〜17:45

    平成28年7月から練習時間が15:30〜17:45に変わります。

    つつじヶ丘支部の練習場所が「メイングリーンレンタルホール」に変わりました。

※入門者は、どの会場での稽古にも参加可能です




関連リンク: 月心会ホームページ 空手教室・道場検索 空手ナビ